弁護士と一緒に婚活を乗り切る

法律を用いることによってより良い答えを導き出そう

弁護士と一緒に婚活次へと要領よく踏み出すことができる法律を用いることによってより良い答えを導き出そう

弁護士としては客観的な意見を言ってくれるので感情的になることもまずありませんでした。
私はこの方法で、何度か婚活をしてようやく三度目で理想のパートナーに出会うことが出来ました。
向こうも法学部出身で、しかるべくして出会う運命だったような気がします。
最初に弁護士が同席するけどいいかということを話すと、それまでは断るかおどおどしながら了承するかのどちらかだったのが、その人はなぜそのようなことをするのか理由を話してほしい、それに納得出来たら同席を許可するとはっきり言ってくれました。
その瞬間にようやく婚活以後は弁護士が要らないであろうという運命の人に出会えたと思える瞬間でした。
私は自分の発言と行動に責任を常に追うことができる人こそ、一人前の大人たる資格があるとずっと思っています。
事実私の親もそうでした。
そのもとで長年育てられた私にとって、心の安心を得るためにはそうするほかなかったのです。
現代社会は空気を読むということが必要以上に求められていますが、答えは自分たちで見つけていくほかありません。
私は法律を用いることによってより良い答えを導き出そうと思ったのです。